日土町の「まる寿司」伝道師、「島崎」さん

日土町の「まる寿司」伝道師。「島崎」さん

鮮度抜群の魚を武器に、南予地方郷土の味を守り続ける日土町の「まる寿司」伝道師。「島崎」さんをご紹介したいと思います。
「島崎」さんは、八幡浜市日土町で、魚の販売や、仕出し料理等を手掛ける60年以上続くお魚屋さんです。また、魚市場の仲買人でもあります。
「まる寿司」とは、米のかわりに”おから”を酢でしめた魚で包んだお寿司の事であり、古くから南予地方に伝わる郷土料理です。
その歴史は深く、江戸時代までさかのぼると言われております。
米が貴重だった為、「天保の改革」による「倹約令」により、節約・倹約する為に、”おから”料理を推奨したと言われております。
その為、全国各地で”おから”を使った料理が現代まで、郷土料理として多く残っているそうです。
そんな「まる寿司」を、仲買人である「島崎」さんが旬の新鮮なネタを使って作っているという訳です。
「さより」「あまぎ」「太刀魚」の3種類を旬に合わせて出荷して頂いております。
元気で明るく穏やかで優しい性格の「島崎」さんがつくる、”郷土のやさしいおふくろの味”をぜひお楽しみ下さい。
うさぎを追いかけたあの山や、小鮒を釣ったあの川を思い出すことでしょう。

旅色に紹介されました

関連記事

鶏めしの素
鱧めしの素
愛媛八幡浜・伊予柑ドレッシング
石窯ピザメニュー
生産者探訪
ページ上部へ戻る