伊方町の蔵元「宮の舞 松田酒造」さんの「粕取焼酎 1980年(43度)」

粕取焼酎 1980年

アゴラマルシェ内「お酒コーナー」にて販売しております、伊方町の蔵元「宮の舞 松田酒造」さんの、「粕取焼酎 1980年(43度)」をご紹介させて頂きます。

「宮の舞 松田酒造」さんは、創業明治31年。伊方町の蔵元であり、その歴史は100年以上にもなります。

「宮の舞」というブランド名は、大正時代に近在の宮司が名付けたという雅やかな名前です。

また、「全国本格焼酎鑑評会」で「表彰制度」があった頃、何と「最高位の受賞」を重ねられた程の、評価の高いブランドです。

「粕取焼酎」とは、50%以上精白した酒米で醸す「吟醸酒」の酒粕を使用し、丹念な手作業で作られた、まさに”本格焼酎”です。

「吟醸酒」の酒粕を発酵させた後に蒸留する事で、吟醸酒の香りを凝縮し、日本酒のような楽しみ方ができます。

その為、魚料理や、和食に合わせてお飲みいただくのがおススメとの事です。

そして、こちらの「粕取焼酎 1980年(43度)」は、名前の通り、1980年に製造された「粕取焼酎」を寝かして出来上がった商品という訳です。

34年間も寝かした43度もある、「本格焼酎」。

そして、1980年と言えば、「松坂世代」。

壇蜜や、広末涼子、竹内結子、優香、眞鍋かをり他が、誕生した年です。

どう考えても、おいしいと思いませんか?

頑張った自分へのご褒美に、旅行の際の酒好きの方へのお土産に。

ぜひ「宮の舞 粕取焼酎 1980年(43度)」を。

粕取焼酎 1980年

旅色に紹介されました

関連記事

facebookもチェック

アゴラマルシェのテーマソング♪

audio
アゴラマルシェオリジナルテーマソング

カフェシュシュのランチメニュー

鶏めしの素
鱧めしの素
愛媛八幡浜・伊予柑ドレッシング
石窯ピザメニュー
生産者探訪
ページ上部へ戻る